ブログトップ

皆様からのご意見-NPO法人移植への理解を求める会

ikenirm.exblog.jp

移植への理解を求める会へ寄せられたご意見を掲載いたします。

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧



<修復腎移植、賛同者も増えているようです> 2008年12月18

フロリダ大学移植外科医・藤田士朗准教授



最近、Urologic Oncology という雑誌に、この修復腎臓移植に関する話題が載っていました。ミシガン大学のコーン先生によるもので題は

Can urologic oncologists help expand the renal donor pool with "resotred" kidneys? Urologic Oncology : Seminors and Original Investigations 26 (2008): 573-574

「アメリカでも51000件の新たな腎臓癌症例が毎年あり、そのおよそ56%がStage 1。そして、13000症例ではT1a (<4 cm)と考えられる。さらに、2001年の時点においても、80%の症例で腎臓全摘出が行われている。

もちろん最近はその割合は減っているであろうが、おそらく今でも8000から10000のT1a腎臓癌が腎臓全摘出されていると考えられる。

とても控えめに考えて、そのうち5%が移植可能と考えても400-500の臓器が移植に使えるのではないか。そのため、悪性腫瘍を取り扱う泌尿器科医師はもっと積極的に移植外科医と相談し、これらの腎臓の利用を考えるべきではないか」

といった結論となっています。

泌尿器科の先生方からもこのような意見が出てきていることは、本当にうれしく思います。
[PR]
by shufukujin-iken | 2008-12-19 13:26 | ご意見
修復腎移植の少しでも早い実現を望む                                  

病気腎移植、ストップして、もう2年近くになります。その間に修復腎移植を希望して亡くなられた方、たくさんいるでしょうね。

好きで病気の腎臓がほしいのではありません。
透析が苦しいのです。ドナーになっていただく身内がいないのです。

移植を経験したも者は、もう一度クオリティの高い移植をお願いしたいのです。(免疫抑制剤は一生飲まなくてはいけません。肝臓とかに、薬の害もあります。)

私もですが、母のをいただいています。もし駄目になると、次のドナーになってくれる可能性は兄か、妻です。
でも、.....。生体からの移植は・・・・考えてしまいます。・・・無理です。(葛藤があります。)
【20年移植して元気でも、ドナーが悪くなると、家族からの提供は限りなく0になるのです。】
だから、捨てる腎臓...。病気の腎臓...。 となるのです。

がんの腎臓の移植を、禁忌の禁忌と言っていた日本移植学会の理事長さま達。あれからもう2年が経っています。
がんの移植をされた方のその後の追跡はどうなっているのでしょう?
がんの転移はあったのでしょうか。報道がありません。なぜ?...。 と言いたいのです。

2年間、がんも移らず、通常の生活が出来るというすばらしいこの修復腎移植。
いいと思いませんか?

年間20000個は出るのでは?と言われている捨てられる腎臓。そのうちの2000個 が移植に使えるのなら、もう2000人の透析患者さんが、透析から離れているということです。
それなのに実施されないのがとても『残念です。』 

  
修復腎移植の少しでも早い実現を望む生体腎移植して20年経過した患者

[PR]
by shufukujin-iken | 2008-12-14 11:44 | ご意見
                                    N・Yさん

一市民です

初めてメールします。
まずは貴団体のNPO法人の立ち上げの決断、嬉しく思いました。

この修復腎移植問題にはずっと前から関心があり、経緯を見守ってきました。

とうとう日本移植学会幹部を相手に訴訟を起こされたとのこと、ホームページで訴状も拝見しました。患者の立場からは当然だと思いました。

学会幹部のこれまでの発言には、移植を望んでいる患者さんを一人でも救うという心が感じられません。
学会のメンツや古い考えに固執し、新しい医療を行おうとしている医師の足を引っ張ることにきゅうきゅうとしているようにしか思えません。
学会は患者の身になり、移植を増やすことへの努力をする立場にあるはずです。
修復腎移植が可能ならばそれを否定するのではなく、積極的に推進するのが学会の役目ではないのでしょうか。

ご苦労は多いかと思いますが、頑張ってください。
これからの貴団体の益々のご活動をお祈りいたします。

[PR]
by shufukujin-iken | 2008-12-12 18:21 | ご意見